自分で決断する事は、自分を磨く事。

こんにちは。香月まみです。

あなたは自分の人生を生きていますか?

女性は知らず知らずのうちに自分の人生を人任せにしてしまっている方が、結構いるのではないでしょうか。

「どちらでも良いよ」「自分では決められないから決めて」「親が言うから」「あなたの行く方について行くよ」こんな風に決定権を丸投げしてしまう方が多いように思います。

みんなが言うから。同じだと安心するから。

今日食べたいものですら、人に決めてもらう事だってあります。


これは女性の本能欲求に「協調と同感」がある為です。

みんなと力を合わせたい、みんなと同じ事をして安心したいといった欲求です。

ですから、本能に従えば自然とそうなるのです。


でも、よく考えたら自分の事を他人に決めてもらうのっておかしいですよね。

当たり前ですが、その人の人生はその人だけのものです。

何が好きで何が嫌いか。何が幸せで何が悲しいか。仕事、習慣、環境。悩みや喜び。

もしかしたら気付いていないかもしれませんが、決めているのは全て自分です。

人が選べないのは生まれてくる親だけで、他の事は自分で選ぶ事が出来ます。


かつての私も、恋人や友達に全てをゆだねていました。全てをゆだねてしまえば、自分で考えなくても良いので一見楽ですよね。

自分で判断しなくても良いし、自分自身がどうしたいのかわからないので、勝手に選んで貰えると助かると思っていました。

ですが、楽な代わりにちっとも満たされないのです。全然幸せではありませんでした。


「決めるという事」は「自分と向き合い、自分の声を聴く」という事です。

自分自身と向き合っていないから、自分が欲しいものが分からず決められないのです。

私は自分で決める習慣がついた今でも、時々何が欲しいか分からなくなる時があります。

そんな時は自分とのコミュニケーションが上手くいっていないサインだと気付くのです。


幸せになりたい!と望むなら、まずは、自分を自分で幸せにすると決めましょう。

そして、少しずつ自分で決める練習をしましょう。

初めからひとつだけを選ぶ事が難しければ、選択肢を減らす事から始めましょう。

決める事で自分と向き合い、自然と自分が磨かれてゆくのです。

なぜなら、自分磨きの第一歩目は自分と向き合う事だからです。

自分で決められるようになった時、本当の自分磨きが始まります。

明るく楽しく失恋美人

自分を変えたい方・失恋の辛い気持ちを聞いて欲しい方・恋人と上手くいっていない方へ。 失恋は辛く・苦しいものです。 ですが失恋を前向きにとらえられた時、人生の歯車は動き出します。 どうせ受け入れなければいけない試練なら、明るく楽しんでしまいましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000