あなたをフッた彼は悪くない。勿論あなたも悪くない。

こんばんは。

香月まみです。


今日は失恋の話をしたいと思います。

失恋した時、女性は大体二つのパターンに別れます。

一つ目のパターンは「とにかく落ち込んで、自分を責める」

例えばこんな風に考える方です。

「身も心もボロボロになって、辛くて辛くて何をする気もおきない。

いつもそばにいた恋人が、あの笑顔が、もう私のものじゃないのだと思うたびに涙が込み上げてくる。

周りは時間が解決してくれるよと慰めてくれるけれど、私には彼しかいないの。

でも彼はもう、私の事なんて好きじゃないよね。

 あの時あんな事さえ言わなければ、彼は今も私の側にいてくれたかもしれない。

 自分なんて大っ嫌いよ・・」

二つ目のパターンは「相手を責める」

「私をフるなんて信じられない!あいつの為に私がどれだけ尽くしたと思っているの!?

 私の時間を返して欲しいわ!あんなバカな男だと思わなかった。

あいつなんてこっちから願い下げよ。

 こうなったら、意地でもあいつより早く恋人を見つけて結婚してやるわ!」

或いは、日によって自分を責める時と相手を責める時の両方がある方もいらっしゃるかもしれません。

でも、どのパターンも根本は同じです。

「私はすごく傷ついた」

このメッセージの発信方法が違うだけなのです。

どちらにしろ、誰かを責めていますよね。

人は辛い思いをすると、誰かを責めずにはいられないものです。

ですから、責めていいんです。

我慢せず、責めている自分を許してあげましょう。

でもね、覚えておいて欲しいのですが、本当は誰かを責める必要なんてどこにもないんです。

だって、あなたも彼も悪くないんです。

びっくりしましたか?

こう言うとみんなびっくりします。

でも、あなたをこんなに傷つけた彼も、全然悪くないんです。

こんなに傷ついたのに、彼が悪くないなんておかしいですよね。

でも本当なんです。

何故なら恋愛は「好きか嫌いかではなく、合うか合わないか」であるからです。

彼はあなたを嫌いになったのではありません。

ただ、合わなくなっただけなのです。

好きか嫌いかで言えば、好きです。

でも合わないから別れる事を選択しただけです。

例えばあなたが、すっごく気に入っている洋服があるとします。

超超超お気に入りです。

ですが少しの油断から太ってしまって、その服が入らなくなってしまったとしたら。

どうしても大好きな彼とのデートにその服を着て行きたい。

お気に入りですから、何とか着ようと頑張るのですが、どうしてもチャックが上がらない。

あなたはどうしますか?

しかたがないので、その服を着るのを諦めて別の服で出かけますよね。

別に、その服が嫌いになった訳ではありませんよね。

ただ、合わなくなっただけです。

ダイエットをしたらまた着れるし、少しふっくらした今の体型の方がもっと魅力で素敵な洋服に出会うかもしれない。

失恋や別れとはそうゆう事です。

好きだけど、合わないから別れるのです。

誤解しないで頂きたいのですが、「だから、自分を押し殺し彼に合わせてゆけば良い」というような話ではありません。

自分のダメな部分にフューチャーして落ち込んだり、相手を無理やり嫌いになろうとしなくても良いという事です。

別れはあなたのせいでも、彼のせいでもありません。

こう考えると、気持ちが少し楽になりませんか?

辛い時こそ楽にいきましょう。

自分を責めても、彼を責めても苦しいだけですよ。

明るく楽しく失恋美人

自分を変えたい方・失恋の辛い気持ちを聞いて欲しい方・恋人と上手くいっていない方へ。 失恋は辛く・苦しいものです。 ですが失恋を前向きにとらえられた時、人生の歯車は動き出します。 どうせ受け入れなければいけない試練なら、明るく楽しんでしまいましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000