ケース2「彼以外に好きな人が出来た~②彼氏に対する不満~」

「こんばんは。突然ですが相談させて下さい。

私には付き合って3年弱になる彼がいます。

ですが最近、私にアプローチしてくれる方が現れました。 最初はお友達以上の感情は無かったのですが、一緒にいると楽しくて、私も次第に心惹かれるようになって・・・。

内緒で他の人と会っている事を、彼に悪いなぁと思うのですが、誘われると会いに行ってしまいます。

会いに行くと言っても、相手も私に彼氏がいる事を知っていますので、2人で飲みに行く事はあってもHはしていません。

仕事に対する意欲の無い、内気な彼に比べて、その人は情熱的で友人も多く仕事への向上心が旺盛で、本当に素敵なんです。

でも、付き合っている彼に対する情もあって、なかなか別れられません。

彼は私がいないとダメになるのでは無いかと思ってしまいます。

又、アプローチしてくれる人も、過去の恋愛話を聞くと短期間の恋愛を繰り返しているという事なので、付き合うとなると心配です。

彼がいるのに、他の人に惹かれるなんていけない事ですよね。

私はなんて最低なのだろうと思うのですが、気付けば気になる彼の事を考えている自分がいます。

どうしたら良いでしょうか。教えて下さい。     BYゆん」

こんにちは。

香月まみです。

昨日は①アプローチしてくる彼についてお話しさせて頂きました。

今日は、②現在の彼についてお話しします。 私は「仕事とは、その人の生き方である」と思います。

大人は、一日の大半を仕事をして過ごすのですから、仕事や仕事に対する姿勢がその人の人生に対する考え方や姿勢を表していると思っています。

ゆんさんが、仕事に対する意欲の無い彼と、向上心旺盛な彼を比べて、後者に心惹かれるのは良く分かります。

夢中になるものがある人って本当に素敵ですよね。

でもね、だからといって現在お付き合いされている彼が、後者の彼より劣っている訳ではありません。

よく、恋人や友達はその人を映す鏡だと言われます。

現在ゆんさんが不満に思っている、彼の仕事に対する意欲が無い事や内気な事ですが、最初からそうだったのではありませんか?

でもゆんさんは、そんな彼が好きだったのです。

きっと、仕事よりゆんさんを優先してくれたでしょうし、誰かに奪われるのではないかと不安になる必要が無い程、密度の濃い関係を築けた事でしょう。

ゆんさんは、そんな彼を自分で選んだのです。

そして、ゆんさんと彼は、3年弱もお付き合いをされているのですから、とても合っていたのでしょう。

ですから、彼を他の人と比べたり否定したりするのはやめましょう。

彼を否定する事は、ゆんさん自身を否定する事につながります。

でもね、だからといって彼と付き合い続けた方が良いと言っている訳ではありません。

気になる人が出来たというのは、現在の彼との関係からはもう学ぶ事が無くなった事を意味しています。

勝手に気になる人が出来たのではありません。

ゆんさん自身が引き寄せたのです。

引き寄せた人はゆんさんが望むものを持っています。

ゆんさんが、もっと視野を広げたい、仕事を楽しみたい、友達を増やしたいと思っているからそんな人に惹かれるのです。

ですから、さみしいでしょうが、現在の彼からは卒業する事をお勧めします。

考えや気持ちが合わなくなってしまった人と、無理やり一緒にいても辛いだけです。

沢山の学びに感謝して、潔く卒業しましょう。

ただ、どうしても別れる踏ん切りがつかないのであれば、現在の彼と新しい関係を築くしかありません。

現在の彼との関係からはもう学ぶものが無いのですから、新しい関係からの学びを自分達で作るしかありませんよね。

二人きりの閉ざされた関係から、今度はお互いに尊敬し、成長出来る関係を作るのです。

その為に、彼が仕事を好きになるように、生きる事に対して前向きに、ポジティブになれるように、まずはゆんさん自身が変わるのです。

彼に変われと命令するのでは無く、変わってゆくあなた自身を彼に見せるだけで良いです。

彼は最初拒否反応を示すかもしれません。

ですが、変わる必要があると彼自身が気付いた時、彼は変わります。

ゆんさんは、彼が変わる事を信じて待つのです。

半年様子を見て、彼が変わる様子が無いようなら彼との関係を終わらせましょう。

本日も長くなってしまいました。

ここまでにさせて頂きます。

明日は③ゆんさんご自身ついてお話しさせていただきますね。

明るく楽しく失恋美人

自分を変えたい方・失恋の辛い気持ちを聞いて欲しい方・恋人と上手くいっていない方へ。 失恋は辛く・苦しいものです。 ですが失恋を前向きにとらえられた時、人生の歯車は動き出します。 どうせ受け入れなければいけない試練なら、明るく楽しんでしまいましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000