出来ない理由より、出来る理由を探す事

こんばんは。

香月まみです。

私は「私に出来ない事など何も無い」と思っています。

そして常々「明日死んでも悔いは無いか」と自分に問いかけます。

あなたがもしやりたい事を躊躇しているならば、直ぐにでも行動するべきだと断言します。

そもそもなぜ躊躇しているのでしょうか?

お金が無いから?時間が無いから?それとも、自信が無いから?

でもこれって全部、自分で作り出せるものではありませんか?

これらを自分で作り出せる事に気が付くまでの私は、お金が無い事に悩んでいました。

でも今は違います。 どう違うかというと、どうすればお金を稼げるかについて悩むようになりました。

お金が無い事に悩むのと、どうすればお金が稼げるかについて悩むのでは、全然違った結果になります。

同様に、時間も自信も全て自分の考え方次第で作り出す事が出来るのです。

人間とは不思議なもので、放っておくと勝手にネガティブな事を考えるように出来ています。

何も考えなければ、自然と「出来ない理由」を探すのです。

出来ない方に目を向けていれば、出来ない理由がどんどん出てきます。

反対に出来る理由を考え出すと、こちらもどんどん出てくるのです。

本当にやりたい事があるならば、まずは出来る理由を探す事からはじめましょう。

お金が必要ならばバイトをすれば良いですし、時間が無いならば隙間時間を有効活用するだとか、自信を付ける為に自己啓発セミナーに行ってみるのも良いでしょう。

出来る方法に目を向ければ、沢山方法が出てきますし、なによりワクワクします。

何か新しい事を始める時は、誰だって不安です。

失敗したらどうしよう。絶対に失敗したくない。という心理が働く為です。

ところで「失敗」とは何でしょう。

辞書で調べると「物事をやりそこなう事・方法や目的を誤って良い結果が得られない事・しくじる事」と出てきます。

私は失敗を「自分で選べるもの」だと考えています。

なぜなら、失敗かどうかを決めるのは自分自身だからです。

仮に失敗の連続だったとしても、失敗が成功へのプロセスだと捉えると、それは途中経過であって失敗ではありません。

自分が失敗だと思った瞬間に失敗になるのです。

成功する人と失敗する人の違いは、継続出来たかどうかの差であると私は信じています。

だからといって、宵越しの銭はもたねぇ主義を推奨している訳ではありません。

行き当たりばったりの生活もスリリングで面白いですが、やりたい事を好きにやる為には、まとまったお金が必要になる時もあります。

ですから、長期的な目標をしっかり描き、その為の貯蓄をしましょう。

これは、決してやりたい事を躊躇している訳ではありません。

やりたい事を思いっきりやる為の準備期間なのです。

やりたい事を本当にやると決めたら、準備期間にもやる事は山のようにあります。

出来ない理由よりどうすれば出来るかを探して、毎日ワクワクして過ごしましょう。

明るく楽しく失恋美人

自分を変えたい方・失恋の辛い気持ちを聞いて欲しい方・恋人と上手くいっていない方へ。 失恋は辛く・苦しいものです。 ですが失恋を前向きにとらえられた時、人生の歯車は動き出します。 どうせ受け入れなければいけない試練なら、明るく楽しんでしまいましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000